Vol.20

【仙台市 人×街インタビュー】商店主が“伊達”を競い合う仙台七夕まつりを支える紙問屋『鳴海屋紙商事』

東北三大まつりの一つ仙台七夕まつりは毎年8月6日から8日の3日間行われ、200万人以上の観光客が訪れる。期間中は市内各地に大小合わせ3000本の飾り付けが行われるが、市の中心の商店街に飾られる1500本の七夕飾りの3分の2にかかわり、仙台七夕まつりを陰で支えているのが鳴海屋紙商事だ。

2017.08.18

女子たちのココロの処方箋!?女子会のイマ

2010 年にユーキャン新語・流行語大賞でトップ10入りするなど、メディアや身の回りでも良く聞かれ、今や年代を問わず一般的になっている「女子会」。今回は様々な女子会の中でも参加実績の多い「飲食活動」にフォーカスし、女性自身の声を読み解くことで、女子会と女性たちをそのココロの内側から分析してみたいと思います。

2017.08.18

【仙台市 地域クラスター編】仙台市中心部~長町周辺の「レジデント・キャラクター」

「レジデント・キャラクター」とは、年齢別人口構成、住居形態、年収など複数の要素を統計分析により総合的に解釈し、町丁字ごとに住民特性を表現したデータです。ここでは、「レジデント・キャラクター」を用いて、仙台駅周辺から近年開発が進む長町駅周辺にかけての地域特性を紹介します。

2017.07.31

「感性アナライザ」が変えるマーケティングの概念

脳の反応を計測することで消費者心理や行動の仕組みを解明するニューロマーケティングが注目されて久しいが、装置を取り付けるのに時間がかかったり、脳波の測定にノイズが紛れこみやすいという欠点があった。脳波の周波数の組み合わせから人の感性を読み取ることでこうした問題を解決したのが、慶應大学理工学部の満倉靖恵准教授だ。

2017.07.21

7 件

RELARED TAGS
関連するタグ