ライフスタイル調査

生まれ変わるなら 男? 女?

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて以来“社会進出する女性”が増える一方で、「専業主夫」や「イクメン」といった言葉に象徴される“家庭的な男性”に対する評価があがり、仕事や家事といった各役割を男女どちらが担当してもおかしくない時代になってきました。そんな現代においては、男性として生きること、女性として生きること、どちらのほうが魅力的なのでしょうか。

2017.11.27

悩み、迷い、揺らぎ、焦る オンナたちの“自分らしさ”選択

「女」「妻」「母」等さまざまな顔を器用に使い分ける女性たち。しかしその器用さの裏では若い頃悩み、迷ってきたのではないでしょうか。今回は、2013年2月に実施した「ライフスタイル調査2013」の結果の中から、“自分らしい生き方”に迷い、悩み、揺らぎながらも“自分らしい”選択を模索するオンナゴコロに関する調査データをご紹介します。

2017.11.27

未婚の男女を紐解くデータ集

国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集(2014年) 」によると、生涯未婚率は1980年から2010年の30年間で男性は2.6%から20.1%、女性は4.5%から10.6%に上昇しています。お金や時間を自由に使える独身者を指して“独身貴族”と呼ばれるように、消費を担う可能性の高い彼・彼女達。 今回は「未婚の男女」をテーマに、さまざまな角度から男女のホンネに迫ってみました。

2017.08.14

3 件

RELARED TAGS
関連するタグ