プライバシーポリシー

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

株式会社読売IS(以下「当社」という)は、企業の社会的責任を果たすとともに、広告事業を通じて広告主企業の健全なる情報コミュニケーション活動をサポートするために、全社を挙げてコンプライアンスの実践に努めてまいりました。
個人情報は個人の大事な財産です。当社は、個人情報を直接取り扱う場合はもちろんのこと、広告主企業の個人情報取り扱い業務をサポートする役割においても、個人情報に関するセキュリティ対策ならびに情報管理体制の確立を実現するために、次の事項を含む個人情報保護方針を定め、これを実施し、かつ、維持することを宣言いたします。

〔個人情報保護方針〕

  1. 当社は、全ての事業で取扱う個人情報及び従業員等の個人情報の取扱いについて、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守する。さらには「個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」(JIS Q15001)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを策定し、個人情報保護の徹底に努める。
  2. 当社は、事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得を行い、利用する際にはその利用目的を特定する。特定された利用目的の範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)をしない。また、目的外利用を行わないための適切な管理措置を講じる。
  3. 当社は、本人の同意を得ている場合、法令にもとづく場合等を除き、取得した個人情報を第三者には提供しない。
  4. 当社は、個人情報の取扱いについて委託を行う場合、十分な個人情報の保護水準を満たしている委託先を選定する。また委託する個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行う。
  5. 当社は、当社または読売新聞グループと企画実施するイベントやマーケティング調査等で取得した個人情報を、読売新聞グループ、読売新聞販売店(読売センター:YC)とサービス品質向上、サービス案内、マーケティング等のために共同利用する場合があります(特定個人情報の共同利用は行いません)。この場合は、読売新聞グループ、読売新聞販売店(読売センター:YC)とともに責任をもって適切な管理措置を講じる。 〈共同利用についての公表事項 http://www.yomiuri-is.co.jp/privacy/
  6. 当社は、取得した個人情報を適切に管理するため、組織的・人的・物理的・技術的な安全対策装置を講じ、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の防止及び是正に取り組む。
  7. 当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談を受けた場合は、その内容について迅速に事実関係等を調査し、合理的な期間内に誠意をもって対応する。
  8. 当社は、社会情勢・環境の変化を踏まえて、継続的に個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを見直し、個人情報保護への取り組みを改善していく。

制定:平成16年5月14日
改定:平成29年6月15日(改7)
株式会社 読売IS
代表取締役 工藤 博幸

当社の個人情報の取扱いにつきましてはこちらをご確認ください。