管理者

管理者

フォロー

0 人にフォローされています

循環型マーケティングで変わる!? 企業のコミュニケーション

循環型マーケティングで変わる!? 企業のコミュニケーション

SNSやスマホの普及でクチコミが消費者の購買行動に大きく影響する時代。慶應義塾大学の清水聰教授が提唱するのは、情報感度の高い消費者が潜在顧客にも情報を回す「循環型マーケティング」だ。
管理者 | 1,706 view
【武蔵小杉 データ編】タワマンが林立、再開発が進む人気の住タウン 「武蔵小杉」

【武蔵小杉 データ編】タワマンが林立、再開発が進む人気の住タウン 「武蔵小杉」

JR、東急線あわせて5路線が乗り入れ、抜群の交通利便性を誇る武蔵小杉。駅周辺の再開発エリアは2007年以降、数多くの高層マンションが建設され、人口が流入、急激な発展を遂げている。
管理者 | 706 view
【武蔵小杉 地域クラスター編】武蔵小杉駅周辺の「レジデント・キャラクター」

【武蔵小杉 地域クラスター編】武蔵小杉駅周辺の「レジデント・キャラクター」

「レジデント・キャラクター」とは、年齢別人口構成、住居形態、年収など複数の要素を統計分析により総合的に解釈し、町丁字ごとに住民特性を表現したデータです。ここでは、「レジデント・キャラクター」を用いて、武蔵小杉駅周辺の地域特性を紹介します。
管理者 | 426 view
【武蔵小杉 人×街インタビュー編】新旧住民、さまざまな思いのまとめ役 「NPO法人 小杉駅周辺エリアマネジメント」

【武蔵小杉 人×街インタビュー編】新旧住民、さまざまな思いのまとめ役 「NPO法人 小杉駅周辺エリアマネジメント」

2004 年に再開発が始まった武蔵小杉駅南口は、もともと工場やグラウンド跡地で居住者はほとんどいなかった。ただ、埋立地につくられた豊洲などとは違い、周辺には昔からの商店街、町内会(町会)がある。新しくできるタワーマンションは9 棟5000 戸。一町会で受け入れられる大きさではない。そこで川崎市主導でつくられたのがNPO 法人小杉駅周辺エリアマネジメント(通称エリマネ)だ。
管理者 | 560 view
循環型マーケティングでプロモーションはどう変わるか

循環型マーケティングでプロモーションはどう変わるか

消費者行動研究は、消費者がモノを買うまでのプロセスに重点を置いて論じられてきたが、ソーシャルメディアの発達で口コミ情報が溢れ、商品購入にも大きな影響を与えるようになった。こうした消費行動を「循環型意思決定プロセス」と命名し、研究をおこなっているのが慶応大学の清水聰教授だ。
管理者 | 925 view
これからのエリア・マーケティング

これからのエリア・マーケティング

これまでのエリア・マーケティングの成功事例が成り立たなくなっている。エリアという概念が希薄なネット通販の普及や人口減少による市場の縮小が、必要とされる店舗の条件を変えた。長年エリア・マーケティングセミナーを担当する小林隆一氏に、これからの小売業に求められる視点を聞いた。
管理者 | 456 view
“希望”の活性化が消費を拡大する

“希望”の活性化が消費を拡大する

特売・安売り頼みの商売は、メーカー、流通双方にとって幸せをもたらさない。アベノミクスで景気に明るい兆しの見えてきた今、消費を拡大する新たな視点とは何か。価格戦略が専門の学習院大学経済学部教授・上田隆穂氏に聞いた。
管理者 | 322 view
今、なぜ、マーケティングROIなのか

今、なぜ、マーケティングROIなのか

企業の業績は投下資本に対する収益で評価されてきたが、マーケティング戦略だけは効率性が十分に追求されてこなかった。海外企業のROIを導入した経営モデルが盛んになっている中、慶應義塾大学ビジネス・スクールの井上哲浩教授に、その分析手法や日本企業の学ぶべき点を聞いた。
管理者 | 502 view
消費はどこへ向かうのか

消費はどこへ向かうのか

東日本大震災から半年以上たち、消費の本格的回復が求められている。しかし、消費はなかなか上向いてこないように見える。リーマンショック後の不況、震災を経て消費者行動はどのように変化し、またどうすれば消費活性化の糸口がつかめるのか。
管理者 | 300 view
成熟時代で支持される社会貢献するマーケティング

成熟時代で支持される社会貢献するマーケティング

震災が緊急支援から復興支援の段階に移り、継続的な支援が求められる中、商品やサービスの収益の一部を寄付するコーズ・リレイテッド・マーケティングが注目されている。プロモーションの行き詰まりを打開し、コーポレートブランドを作る「寄付つき商品」の考え方とは?
管理者 | 616 view
今、マーケティングに何ができるか

今、マーケティングに何ができるか

東日本大震災は、東北地方に甚大な被害を及ぼしただけでなく、首都圏に長期的な電力不足という不測の事態をもたらした。そんな中、マーケターの人材育成にも活躍する山本直人氏から「震災後の生活と新たな機会」と題するリポートが公表された。
管理者 | 86 view
コンシューマーからショッパーへ

コンシューマーからショッパーへ

ここ数年、小売業は消費者の低価格志向に、メーカーはそれと同時に、ブランドのコモディティ化に苦しんできた。そこで注目されるようになったのが「ショッパーマーケティング」だ。生活者をショッパーと捉えることで、マーケティングはどう変わるのか。中央大学ビジネススクールの中村博教授に聞いた。
管理者 | 742 view
IT消費が大衆化、注目される「利便性消費」

IT消費が大衆化、注目される「利便性消費」

「高級志向」「価格志向」の二極化で説明できない日本人の消費。そこには、利便性を追求する日本人特有の消費スタイルがあった。ブロードバンドの大衆化、リーマンショックによる経済大不況を経て、現在、日本人の消費スタイルは変わったのか。
管理者 | 1,681 view
動機を知れば、 消費者は動かせる

動機を知れば、 消費者は動かせる

お金に不自由していない層まで買い控えをする不安の時代に、消費者を動かすにはどうしたらいいのか。ここ数年、進化心理学、神経科学、行動経済学がマーケティングに取り入れられ、新しい消費者理解が進んでいる。早稲田大学商学学術院客員教授ルディー和子氏に聞いた。
管理者 | 729 view
「買いたくなる仕組み」の作り方

「買いたくなる仕組み」の作り方

不況だから、モノが売れないのだろうか。消費者が「買う」という行動を起こすには、「買えるか買えないか」の前に「買いたいか買いたくないか」のハードルがあると指摘するのは、オラクルひと・しくみ研究所の小阪裕司氏だ。
管理者 | 1,071 view
49 件