【仙台市 地域クラスター編】仙台市中心部~長町周辺の「レジデント・キャラクター」

「レジデント・キャラクター」とは、年齢別人口構成、住居形態、年収など複数の要素を統計分析により総合的に解釈し、町丁字ごとに住民特性を表現したデータです。ここでは、「レジデント・キャラクター」を用いて、仙台駅周辺から近年開発が進む長町駅周辺にかけての地域特性を紹介します。

2017.07.31

「感性アナライザ」が変えるマーケティングの概念

脳の反応を計測することで消費者心理や行動の仕組みを解明するニューロマーケティングが注目されて久しいが、装置を取り付けるのに時間がかかったり、脳波の測定にノイズが紛れこみやすいという欠点があった。脳波の周波数の組み合わせから人の感性を読み取ることでこうした問題を解決したのが、慶應大学理工学部の満倉靖恵准教授だ。

2017.07.21

オウンドメディアはどう変わるべきか

オウンドメディアとは、企業が自社で所有し、ユーザーに有益な情報を発信する役割を担うWebサイトのことだ。企業が発信力のある自前のメディアを持てば、広告がいらなくなると言われた時代もあった。企業がオウンドメディアを運営する中で、その認識はどう変わり、また今後どういう方向に変わるのか。日本アドバタイザーズ協会Web代表幹事であり、花王のWebを活用したマーケティングに一貫して携わってきた本間充氏に聞いた。

2017.07.21

クチコミでなぜ、人は動くのか! ?

クチコミ・マーケティングには誤解が多い。最も多いのは「製品やサービスを推奨してもらうこと」という理解だろう。ネット上でいかにクチコミを起こすかが注目された時期もあった。本来のクチコミ・マーケティングとは何か。企業はどのような視点から活用すれば良いのか。慶應ビジネススクール(慶應義塾大学大学院経営管理研究科)初の女性教員であり、「キーパーソン・マーケティング」の著作でも知られる山本晶准教授に聞いた。

2017.07.21

新聞折込広告を機能させるデザインの考え方

新聞折込広告とデザインは、広告の中では最も遠い関係にあった。デザインは商品の認知率やイメージアップのためにマス広告で、その力を発揮してきた。そのデザインの力をプロモーションメディアである新聞折込広告にこそ使うべきだ。そう語るのは、色彩生理学が専門のデジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部教授・南雲治嘉氏だ。

2017.07.21

49 件