【仙台市 データ編】東北地方最大の1 0 0万人都市 仙台市

2017.08.18

宮城県のほぼ中央に位置する県都・仙台市。1601年、伊達政宗が居城を定めて以来、城下町として発展。現在では、東北地方唯一の政令指定都市として100万人以上の人口を擁し、政治・経済・文化の中枢となっている。「杜の都」と呼ばれる豊かな自然に加え、「七夕まつり」「青葉まつり」など独自の伝統文化が育まれ、スポーツが盛んな街としても知られる。

各種地域統計データからみる 仙台市5区

 仙台市5区を地域統計データからみると、仙台駅から西に広がる青葉区は、高層ビルや商業施設などが集まる仙台の中心街であり、昼夜間人口比率が136.4と最も高い。また、単身世帯割合も49.9%と最も高くなっている。仙台駅の東側から仙台港まで広がる宮城野区や仙台市の南東部に位置する若林区も青葉区ほどではないものの、昼夜間人口比率は100を超え、単身世帯割合も共に42.0%と比較的高くなっている。特に宮城野区は共同住宅世帯割合が67.9%と最も高くなっている。
一方、仙台市の北部に広がる泉区と南部に広がる太白区は、昼夜間人口比率が100を下回る。持ち家世帯割合が高く、平均世帯人員も多く、ファミリー世帯が多く住む住宅地であることが窺える。また、平均世帯年収は泉区が特に高くなっている。

仙台市アンケート

仙台駅半径7km圏に居住する20-69歳の生活者にインターネット調査を実施。ショッピング(ファッションや休日の買物)に利用する大型商業施設を聞いた。

ショッピングに利用する商業施設を聞いたところ、全体で最も高かったのが太白区にある「ザ・モール仙台長町、ララガーデン長町」で39.0%、次に仙台駅ビルの「エスパル、エスパル2」が28.0%、泉区にある「仙台泉プレミアム・アウトレット、泉パークタウンタピオ」が27.7%、青葉区一番町にある「仙台三越」、宮城野区にある「三井アウトレットパーク仙台港」がともに26.7%と続いた。

太白区民からの圧倒的な支持を得る『ザ・モール仙台長町、ララガーデン長町』

 「ザ・モール仙台長町」は西友と約130の専門店、映画館からなるショッピングセンターで、「ララガーデン長町」は三井不動産が展開する約80の専門店からなるショッピングセンタ-。2つの商業施設は連絡通路でつながっており、店舗面積は合計で約74,500㎡、3,000台以上の駐車場があり、地下鉄南北線長町南駅とも直結している。
平日でも多くの買物客でにぎわっており、太白区を代表する商業施設になっている。
【左】ザ・モール仙台長町、【右】ララガーデン長町

【左】ザ・モール仙台長町、【右】ララガーデン長町

仙台の2大アウトレット

 泉区にある「仙台泉プレミアム・アウトレット」は、緑豊かな泉パークタウン内にある。商業施設「泉パークタウンタピオ」とも連結しており、リゾート地のような優雅な雰囲気の中、買物が楽しめる。
宮城野区にある「三井アウトレットパーク仙台港」は、仙台港近くに立地し、近隣には2015年7月に開館した「仙台うみの杜水族館」がある。また、施設内には観覧車があり、ファミリーで楽しめる商業施設になっている。
【左】仙台泉プレミアム・アウトレットと泉パークタウンタピオ(泉区)、【右】三井アウトレットパーク仙台港(宮城野区)

【左】仙台泉プレミアム・アウトレットと泉パークタウンタピオ(泉区)、【右】三井アウトレットパーク仙台港(宮城野区)

仙台駅前商業施設

【左】駅ビルのエスパル、エスパル2(青葉区)、【右】若年層の支持が高いパルコ(青葉区)現在、新館が建設されている。

【左】駅ビルのエスパル、エスパル2(青葉区)、【右】若年層の支持が高いパルコ(青葉区)現在、新館が建設されている。

一番町にある2つの百貨店

【左】老舗百貨店の藤﨑(青葉区)、【右】仙台三越(青葉区)

【左】老舗百貨店の藤﨑(青葉区)、【右】仙台三越(青葉区)

◆今後の発展が期待できる地区

 仙台市周辺で「今後の発展が期待できる」と思う地区を聞いたところ、最も高いのが、「黒川郡富谷町」で26.7%。富谷町は、泉区の北側に位置する仙台市のベッドタウンで、2016年春にはコストコの開店も予定されており、仙台市民の高い期待が感じられる結果となった。
 仙台市で最も高かったのは、「太白区」で24.0%だった。特に長町駅の東側に広がる「あすと長町エリア」は土地区画整理事業が進み、IKEA仙台(2014年7月オープン)、仙台市立病院(2014年11月移転開院)など新しい施設が続々と完成している。また、複数の大型タワーマンションの建設も予定されており、今後人口が増加する注目のエリアと言えそうだ。
【左】2014年7月にオープンした「IKEA仙台」、【右】2014年11月に移転開院「仙台市立病院」

【左】2014年7月にオープンした「IKEA仙台」、【右】2014年11月に移転開院「仙台市立病院」

大型タワーマンションの建設も進んでいる

大型タワーマンションの建設も進んでいる

※仙台市の街アンケート調査概要/仙台駅半径7kmに在住する20-69歳の男女300人を対象にインターネット調査を実施
実施日:2015年9月14日~9月16日調査主体:読売IS 実査:楽天リサーチ 
記事作成:2015 October

RELARED TAGS
関連するタグ

RELATED ARTICLES
関連する記事

【仙台市 人×街インタビュー】商店主が“伊達”を競い合う仙台七夕まつりを支える紙問屋『鳴海屋紙商事』

東北三大まつりの一つ仙台七夕まつりは毎年8月6日から8日の3日間行われ、200万人以上の観光客が訪れる。期間中は市内各地に大小合わせ3000本の飾り付けが行われるが、市の中心の商店街に飾られる1500本の七夕飾りの3分の2にかかわり、仙台七夕まつりを陰で支えているのが鳴海屋紙商事だ。

2017.08.18

【仙台市 地域クラスター編】仙台市中心部~長町周辺の「レジデント・キャラクター」

「レジデント・キャラクター」とは、年齢別人口構成、住居形態、年収など複数の要素を統計分析により総合的に解釈し、町丁字ごとに住民特性を表現したデータです。ここでは、「レジデント・キャラクター」を用いて、仙台駅周辺から近年開発が進む長町駅周辺にかけての地域特性を紹介します。

2017.07.31