【金沢市 地域クラスター編】金沢駅周辺の「レジデント・キャラクター」

2017.08.18

「レジデント・キャラクター」とは、年齢別人口構成、住居形態、年収など複数の要素を統計分析により総合的に解釈し、町丁字ごとに住民特性を表現したデータです。ここでは、「レジデント・キャラクター」を用いて、金沢駅周辺の地域特性を紹介します。
金沢駅を中心に半径3㎞をマップ化

金沢駅を中心に半径3㎞をマップ化

地図:国際航業

分析手法:全国の町丁字を対象に、2010年国勢調査などで公表されている人口、年代、世帯人員など22変数を割り当て、因子分析により6因子を抽出。
町丁字ごとに求められた因子得点に基づきクラスター分析し、34地区類型を作成。それぞれ特徴的に捉えられる住民像を「resident character」として表現。

【左】①西都1丁目
【中】②彦三町1丁目 
【右】③増泉3丁目

①西都1丁目 resident character[3100]

[3100]ベビー&キッズ:大都市近郊の賃貸/共同住宅に居住し、所得レベルは平均程度で、0 ~ 9歳の子供がいる30 ~ 40代のヤングファミリーが多い。
金沢駅西口からのびる県道60号線と金沢バイパス(国道8号線)の交差するエリアに位置する。2003年に石川県庁が隣の鞍月地区に移転後、金沢西部副都心エリアの一角として整備・開発が進み、比較的新しいマンション・アパートや戸建てが多く見られる。

②彦三町1丁目 resident character[1030]

[1030]エリート:大都市近郊・地方の都市部に居住の40代ホワイトカラーで、高学歴、高収入の就業者が多い。
金沢市の中心部、近江町市場のある武蔵ヶ辻交差点近くに位置する住宅地。東側には浅野川が流れる。塀で囲まれた、ゆとりのある敷地を持つ一戸建てが立ち並んでいる。

③増泉3丁目 resident character[2060]

[2060]ミドルシングル:大都市近郊のマンション、アパートに居住する30 ~ 40代が多い。
金沢駅から約2.5km、犀川を越えたエリアに位置する住宅地。単身者向けと思われる2〜3階の低層アパート・マンションが多くみられる。
記事作成:2015 May

RELARED TAGS
関連するタグ

RELATED ARTICLES
関連する記事

【金沢市 人×街インタビュー編】金沢の発酵文化へのこだわりが世界に通用する製品を生む 「ヤマト醤油味噌」

金沢駅港口(西口)から車で15 分。ヤマト醤油味噌は日本海に面した港町、金沢市大野町にある。平日も観光客で賑わう東口の兼六園側と違い、大野町には観光客の姿は少ない。しかし、代表取締役社長の山本晴一氏が言うように、「武家屋敷のある兼六園側が400 年の歴史だとすると、大野の港町には1200 年の歴史がある」。

2017.08.18

【金沢市 人×街インタビュー編】アートで街を活性化し自分たちの思いを形にしていくNPO 「金沢アートグミ」

金沢アートグミは、アートを切り口に人・情報・街を繋ぐ活動を行う金沢のNPO 法人だ。北國銀行武蔵ヶ辻支店3 階に自前のギャラリーを持っているが、その活動はギャラリーの企画運営だけにとどまらない。金沢市内のさまざまなアート活動の情報発信や事務局機能も担っている。

2017.08.18