【旭川市 データ編】自然と共生する北海道の中核都市 「旭川市」

2017.08.18

 北海道のほぼ真ん中に位置する旭川市。広大な大雪山連峰の裾野に広がる旭川市は、市内を多くの川が流れ、自然に恵まれた街であるとともに、人口約35万人を擁する北海道第2の都市として都市機能が充実している。
 また、古くから「ものづくり」の伝統が息づく街で、全国的に有名な「旭山動物園」を擁する観光都市でもある。

各種地域統計データからみる 旭川市

 旭川市には約17万5千世帯、約35万人が居住しており、札幌市に次いで北海道第2位の都市である。2008年から2013年にかけ人口は1.9%減少している。
 北海道全体と比較すると、人口構成では60代以上人口の割合が高く、世帯人員では2、3人世帯割合が高くなっている。住宅の状況をみると、持ち家、一戸建て世帯の割合ともに北海道平均を上回っている。小売業の年間販売額は札幌市に次いで、2番目の販売額となっている。
 また、北海道経済部観光局が発表している北海道観光入込客数によると、旭川市の観光入込客数は約533万人で札幌市、小樽市に次ぐ、観光都市でもある。

旭川市アンケート

◆普段の買物・ショッピング(ファッションや休日の買物)別の買い物場所

旭川駅半径10km圏にかかる市区町村に居住する生活者にインターネット調査を実施。普段の買物・ショッピング(ファッションや休日の買物)別に買物場所や交通手段を聞いた。買物場所は、複数回答で上位10施設を掲載。
 普段の買物、ショッピング(ファッションや休日の買物)ともに、利用率が最も高かったのが、イオンモール旭川西。イオンと130以上の専門店からなる郊外型のショッピングセンターで、旭川市で最大の売場面積を誇る。特にショッピング(ファッションや休日の買物)では64.5%と非常に高く、2位以下を引き離した。
 普段の買物では、スーパーのウェスタンパワーズを中心とした郊外型ショッピングセンター、ウェスタンパワーズ永山が29.5%と続く。ショッピング(ファッションや休日の買物)では、古くから旭川市の中心市街地として発展して来た旭川買物公園にある百貨店、ファッションビルが38.0%と続いた。交通手段は、普段の買物、ショッピングともに自動車が最も多く、8割以上を占める。商業施設には駐車場の充実が求められるようだ。

【左】イオンモール旭川西:店舗面積60,000㎡を超える大型のショッピングセンター。イオン旭川西店を核に130以上の専門店からなり、平日でも多くの人で賑わっている。
【右】ウェスタンパワーズ永山:スーパーのウェスタンパワーズを中心に映画館、ユニクロ、ホーマック、トイザらスなどの専門店が集積。また、人気の旭川ラーメン8店舗が集まる「あさひかわラーメン村」も併設されている。

旭川の中心市街地 旭川平和通買物公園

 旭川平和通買物公園は、1972年6月1日に開設された全国初の恒久的な歩行者専用道路で、その長さは約1kmにわたる。ショッピングを思い思いに楽しめる”人のための道”として40 年以上の歴史がある。現在も、西武旭川店(2016年10月閉店)やFeeeal旭川などの大型商業施設をはじめ、100店舗以上が軒を連ねており、旭川市の商業の中心として多くの客を集め、「旭川冬まつり」の同時開催イベント「氷彫刻世界大会」や「旭川夏まつり」、そして9月の「北の恵み食べマルシェ」などのイベント会場としても利用されている。
 また、空き店舗を活用したコミュニティスペースや休憩スペースも設置され、ショッピングのほかにも公園のように気軽に小休止できるような、訪れる人にやさしい商店街として旭川市民に愛されている。

◆旭川市 街のイメージ

 旭川市の街のイメージについて、それぞれの項目ごとに「非常にあてはまる・ややあてはまる・どちらともいえない・あまりあてはまらない・まったくあてはまらない」の5段階評価で調査し、「非常にあてはまる+ややあてはまる」の合計を数値化した。(上グラフ参照)
 「食べ物がおいしい」「自然環境の豊かな」「道路が整備されていて車で移動しやすい」「安心、安全な」といった項目が上位にあがっている。一方、「電車の利便性」、「都会的な雰囲気」や「賑わい」といった項目は低くなっているが、日常生活には便利で、親しみやすい街という印象を持っているようだ。

◆旭川市の魅力

「便利・暮らしやすい」
▶商業施設やアミューズメントもそれなりに揃っており、遊べて、買物ができて、車でどこかに行きやすい。
▶物価が安く、生活しやすい。
▶北海道の中心なので、道内移動の汽車・バスの便利が良いと思う。空港があるので便利。
▶田舎の良さと街の利便性を兼ね備えた良い街。
▶街中が碁盤の目になっていてわかりやすい。
▶人口が多過ぎないので、札幌などよりは暮らしやすい。
▶道路が広く舗装が行き届いており、車での移動が非常に便利。
「安全・安心」
▶地震がほとんどなく豪雨災害も少ない自然豊かな都市。
▶治安の良さと自然災害の少なさ。
▶医療機関が充実している。
▶災害が少なく日常の安全を確保しやすい。
「自然が豊か」
▶水がきれい。自然が周囲にたくさんある。
▶大雪山に雪が積もる風景も美しいし自然も感じることができる。
▶川が多く橋の美しい町。
▶四季がはっきりしている。
▶お米がおいしい。
※旭川の街アンケート調査概要/旭川駅半径10kmの市区町村に在住する20-69歳の男女200人を対象にインターネット調査を実施 
実施日:2014年8月29日~9月1日 
調査主体:読売IS 
実査:楽天リサーチ
記事作成:2014 October

RELARED TAGS
関連するタグ

RELATED ARTICLES
関連する記事

【旭川市 人×街インタビュー編】地域の人に愛される日本酒のグローバルブランド 「男山」

広大な大雪山系の麓に広がる旭川市は、冬の冷え込みが厳しく、春には豊かな雪解け水の伏流水に恵まれた酒造りに格好の地だ。この厳しい気候の中で、長きにわたって旭川市民に愛され続けている日本酒が「男山」だ。旭川の地酒としてだけでなく、欧米を中心に21か国に輸出され、その量は総販売量の約15%に達するという。

2017.08.18